cmanjp_20130922150737
第66回カンヌ映画祭審査員特別賞受賞を受賞した映画『そして父になる』

世界に認められた福山雅治主演の感動作です。

公開日や、あらすじ、結末はどうなんでしょう。

原作も気になります。

映画『そして父になる』とは?

出演者はこちらの方々です。

野々宮良多:福山雅治

野々宮みどり(良多の妻):尾野真千子

斎木ゆかり:真木よう子

斎木雄大(ゆかりの夫):リリー・フランキー

野々宮慶多(良多の息子):二宮慶多

斎木琉晴(雄大の息子):黄升炫

監督は是枝裕和監督です。
是枝監督といえば、柳楽優弥主演の『誰も知らない』で話題になりました。

 

 

その作品で柳楽優弥は第57回カンヌ国際映画祭で
史上最年少で最優秀男優賞を受賞しました。

 

そして今回の是枝監督作品『そして父になる』が
第66回カンヌ映画祭審査員特別賞受賞を受賞しました。

 

是枝監督はカンヌに縁がありますね。
この作品でますます是枝監督は評価されますね。
男性ミュージシャン、そして俳優として活躍中の福山雅治が主演です。
最近はガリレオシリーズの堅物な物理学者の役のイメージが強いですが、
今回は違った福山雅治の顔が見れそうです。

 

ヒロイン役は尾野真千子さんです。
尾野真千子さんといえば、連続テレビ小説『カーネーション』で活躍しましたね。

 

尾野さんは元々主演の福山雅治さんのファンだったらしく、
この作品で共演できて嬉しすぎて舞台挨拶でしどろもどろしてました。
その映像がこちらです。

��������GET

⇨ 福山ファンの尾野真千子が

 

 

公開日は元々10月5日(土)の予定だったんですが、
この作品がカンヌ映画祭審査員特別賞受賞し、
日本映画で26年ぶりの受賞だったことにより、

 

早く見たいという人が多かったので、公開日を早め、
9月24日(火)から4日間先行公開し、
9月28日(土)より全国公開になりました。

 

『そして父になる』のあらすじと結末ネタバレ

 

⇨ そして父になる 予告

 

仕事においても、家庭においても、順風満帆だった
野々宮良多(福山雅治)は、ある日突然、子供を出産した
病院から出生児に取り違えがあった事実を告げられます。

その日から血縁の繋がりをとるのか?本当のわが子として
育ってきた6年間という月日をとるのか。決断に迫られます。

それまで、あまり子供と関わってこなかった父は、同じく
取り違えにより実の子を育ててきた家族との交流の中で、
本当の父親として成長していく。

 

父親とは何か?

血がつながっているから父親なのか。

かけがえのない時間を一緒に過ごしてきたから父親なのか。

それを考えさせられる内容になっているようです。

 

自分の息子との6年間の思い出は
見ず知らずの他人の子どもとの時間だったと知った時
あなたならどうしますか?

 

結末はどうなるんでしょう。

 

血のつながりを大事と考え、交換したとして
子どももいきなり見ず知らずの実の父親と暮らせるんでしょうか?

難しいと思います。
きっと結末は、
血は他人の子どもでも6年間の時間を大事にして、
今までどおり子どもを交換せず暮らしていくんではないでしょうか。

 

見た人によると、

『映画としては、理想的な結末』

だったそうです。

 

『そして父になる』の原作は?実話?

是枝監督作品は『誰も知らない』とか
その他の映画でドキュメンタリーが多いので、

 

この『そして父になる』も実話に基づいてるのかな?と思ったんですが、

特にそれらしい事件は見つかりませんでした。

 

ただ、実際には起こりそうな話ですよね。

 

では、原作はあるのか?と調べてみたら、

 

ありませんでした。

オリジナルの話のようです。

 

 

是枝監督はリアリティを演出するのがうまいですね。
だから、世界でも絶賛されるんですね。

 

�����7�������