同窓生柴門ふみ原作のドラマ「同窓生」が、ラスト最終回を迎えますね。その内容は、漫画とまったく同じ最後を辿るのでしょうか?
漫画の読者には最初から最後までネタバレ?
いやいや、それでは面白くないでしょ!?

 

 

柴門ふみって誰?

 

「同窓生」の原作は、柴門ふみの漫画だというのは、周知だと思いますが、
では柴門ふみって、どんな人で何をやってきた人物なんでしょう?

 

まず呼び方、柴門=サイモンと呼びます。

 

アメリカで有名なミュージック・アーティスト、
ポール・サイモンから名付けたそうです。

 

柴門ふみは、漫画家でありエッセイスト。

特出すべきは、彼女が描いた主な漫画の34作品中、
12作品が実写としてドラマ化されていることでしょう。

 

夫は、「課長島耕作」でも有名な弘兼憲史氏。
離婚歴はなく、夫婦でガッツリ稼いでいる勝ち組夫婦でしょう。

 

1男1女があり、娘は吉田戦車の作品に書き下ろしたことがあります。

 

柴門ふみ原作漫画によるドラマ化作品

 

・1986年「女ともだち」(TBS)

・1989年「同・級・生」(フジテレビ)

・1991年「東京ラブストーリー」(フジテレビ)

��������GET

・1992年、93年、95年「家族の食卓」(フジテレビ)

・1993年「あすなろ白書」(フジテレビ)

・1996年「Age,35 恋しくて」(フジテレビ)

・1998年「お仕事です!」(フジテレビ)

・1999年「P.S. 元気です、俊平」(TBS)

・2001年「非婚家族」(フジテレビ)

・2002年「九龍で会いましょう」(テレビ朝日)

・2006年「小早川伸木の恋」(フジテレビ)

・2011年「華和家の四姉妹」(TBS)

・2014年「同窓生」(TBS)

 

「東京ラブストーリー」は、
その後のトレンディードラマの火付け役になったことでも有名。

 

同窓生のラスト最終回は漫画通り?ネタバレ!

 

やはりラストの展開に繋がるキーは、
それぞれの子供達というところは、同じでしょう。

 

親の行動が、子供の生活範囲を決めるわけですからね。

原作の漫画でも、そこのところがポイントだったような・・・

 

もし、ドラマでも「その5年後――」という演出だとしたら、
健太、あけひ、遼介、薫子は、
それぞれの道を歩んでいることになるのでしょうか?

 

それとも、漫画とはガラリと違う最後になるのか?

 

柴門ふみの原作だと、
最終回はだいたいモヤッとする落ちが多いのも気がかりですが・・・

 

復縁女性版 7ステップ