Nのために「Nのために」は、原作のあるミステリードラマです。そのため、ネタバレ解説も出来ちゃうんですねえ!杉下希美の病気や余命のこと。安藤望がかけたチェーンと、その理由。どうします?もろ、ネタバレですよ!!

 

多汗症改善7日間プログラム

杉下は余命半年?病気って何?

 

「Nのために」主役の杉下希美(榮倉奈々)は、
原作でも存在感を大きく描かれている人物です。

 

では、ネタバレ、いきます!

 

杉下希美は、病院のベッドで横たわっています。
それは、野口夫妻事件から10年後のことです。

 

そして「余命半年」という宣告を受けています。

原作通りだとすると、杉下希美は確かに余命幾ばくもない難病(?)
に侵されているのですが・・・

 

ただ、この病名や、いつ病気になったのか、
この2点は不明なのです。

 

「不治の病」という言葉だけで表現されています。

 

この辺もミステリーならではの、謎かけなのでしょうか?

それともドラマでは、もっと細かく作り込んでいくのでしょうか?

 

単純に「不治の病」の病名が、気になってしまいました!

 

安藤がチェーンを掛けた理由

 

安藤望(賀来賢人)は、
殺害された野口貴弘の部署に配属されています。

脚やせたった1日2分流すだけ

 

杉下希美とは、お互いを想う気持ちが芽生えるという関係だけど、
成就することはなく・・・

 

「安藤がチェーンを掛けた」って、なに?

そこを知りたいですか?

 

でも知ってしまうとネタバレですよ~、覚悟はいいですか?

では、ネタバレ、いきます!

 

野口夫妻の事件の渦中で、安藤が掛けてしまったチェーンで
物語が大きく動きます。

 

あの時、安藤がチェーンを掛けなければ・・・

でもチェーンを掛けたから、このミステリーは展開するのですからね。

 

リアルでもありますよね?

自分が取った行動により、事態が思わぬ方向へ動いてしまうこと。

 

「そんなつもりじゃなかったのに」ってやつです。

 

けれど、そこには大局を見極められない人間の、
エゴや愚かさがあるんですよね。

ドラマでは、安藤の内面をどのように描いていくのか、
楽しみになってきました!

 

原作とドラマは違う?

 

違います!

まず、原作では三浦友和演じる「高野茂」という人物はいません。

 

原作は、それぞれの人物が過去を回想する手法で、物語が描かれています。
けれど、ドラマでは高野茂が、視聴者の「目」となって、
「N」を取り巻く謎を解いていく仕掛けになっているようです。

 

その他でも、「細かいところを作り込んでいく」という情報も出ていました。

 

また、原作にはないオリジナルストーリーも盛り込まれているという話も!

原作ファンにとっても、是非見届けたいドラマだと思います!

 

��������GET