cmanjp_20131006152907
2013年もインフルエンザの時期が到来です。

予防接種は済ませましたか?

体の弱い乳幼児、赤ちゃん、子供は受けておきましょう!

また、大事な時期にインフルエンザにかからないように受験生も!

復縁女性版 7ステップ

インフルエンザの流行時期

インフルエンザは毎年冬になると患者数が増加し、
騒がれますね。

 

インフルエンザにかかってしまうと
大人でも、ある程度長期間休まなくてはいけなかったりしますが、
赤ちゃんや乳幼児がかかってしまっても
親は休まなくてはならない場合がありますね。

 

進路が懸かった受験生であれば、
インフルエンザのためにそれまで一生懸命に勉強してきたのに
受験できなかったりしますからね。

 

できるだけインフルエンザにかからないようにしたいものです。

 

インフルエンザの流行を詳しく説明すると、
例年11月から12月にかけてインフルエンザの患者数が増加し、
1月から3月がピークになります。

 

なので、予防接種はそのピークに効果がしっかり顕れるように
接種する時期を決めなくてはなりません。

 

では予防接種はいつどのように受けるのがいのでしょう。

 

→ 消費税増税前に買うべきものは?メリットデメリット

 

 

予防接種の効果的な受け方

インフルエンザの予防接種は接種後1,2週間で体内に
インフルエンザに対する抗体が生成されはじめ、
3,4ヶ月後には減少してきます。

 

そのため予防接種の効果は
接種後2週間~4ヶ月と理解しておくのが妥当でしょう。

 

なので、受験生であれば受験シーズンが1月、2月なので
11月中には予防接種をしておくと最も効果的ではないかと思われます。

 

受験生は勉強も大切ですが、
本番で受験できなくては意味がありません。
健康にも気を遣いましょう。
ただし、予防接種の効果の期間には個人差があるため、
その期間内にインフルエンザにかからないとは言い切れません。

7日間でモデル脚GET

 

あくまでかかりにくくするものです。

 

 

 

また、乳幼児の予防接種ですが、
生後6ヶ月以降なら予防接種が行えます。

 

ですが、生後6ヶ月未満の赤ちゃんは受けられないため、
親などのまわりの大人が予防接種して極力かからないようにしましょう。

 

1歳以上の幼児は2回予防接種を受けられます。

 

なぜ2回行うかというと2回に分けたほうが効果が高いからです。

13歳未満の子供には1回予防接種をしてから
2~4週間後にもう一度予防接種をしてください。

 

最もインフルエンザの予防効果が高いと言われているのが
2回目の予防接種後約1ヶ月後だそうで、
一番大事な時期に合わせて接種する時期を決めましょう。

 

成人についても1回より2回の予防接種の方が予防効果が高いことがわかっています。

 

例え、2回目の予防接種が4週間以上伸びてしまったとしても構いません。
1回だけよりは遅くても2回目をしっかり接種した方がいいです。

 

その方がかかりにくいだけでなく、
もしかかってしまったとしても、軽い症状で済むので
やはりできるなら2回目の接種はしておくのがいいです。

 

世間で「大流行」と騒がれる前に摂取しておくのがベストです。
何事も早め早めに済ませておきましょう!

 

 

�����7�������