藤圭子

9月5日に歌手・宇多田ヒカルが自身のブログで、
亡くなった母であり、歌手の藤圭子が遺書を残していたことを明かしました。

「母らしい、非常に率直な遺言書」とのことですが、
一体どのような遺言書だったのでしょう?

藤圭子の生い立ち

藤 圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 – 2013年8月22日)
日本の演歌歌手。
本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。

岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。1960年代終わりから1970年代初めにかけて一世を風靡する。夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱な歌(『怨歌』)を、伸びやかかつ深々と歌い上げた。

前夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、娘は音楽家の宇多田ヒカル。
元夫は演歌歌手の前川清。

 

音楽一家なんですね。

今の若い人は藤圭子は知らない人も多いかと思いますが、
宇多田ヒカルは知ってますよね。

 

音楽的才能は抜群ですよね。
やっぱり遺伝でしょうか。

両親が両親だからでしょう。

 

62歳で亡くなってしまった藤圭子さんですが、
家族のために遺言書を書いていたんですね。

自分が死ぬことを冷静に考えていたんですね。

遺書の内容は?

藤圭子さんの遺書について、
宇多田ヒカルさんがブログ内でこのように綴っていました。

⇨ 宇多田ヒカルのブログ

記事を読む限り、なんていうか
たとえ精神の病気であっても
親子だからわかる事ってあるんだなって感じました。

宇多田ヒカルさんは藤圭子さんらしさを尊重してあげてるし、
藤圭子さんも娘のためを思ったからこそ遺書を書いたんだと思います。

 

残念ながら遺書に具体的に書かれてあったことはわかりませんでした。
しかし、親子二人の愛情を感じ取れただけで十分だと思います。

きっとファンの方も同じように感じたのではないでしょうか。

 

遺言書の書き方

 

ところで遺言書ってどう書くのかって疑問に思いませんでした?

自分が死んだ後に遺族にしてほしいことってあると思いますが、
実は、正しく遺言書を書かないと、効力が無くなってしまいます。

 

単純に自分の願いとして、家族にしてほしいことを書くだけならいいですが、
法的に強制力のあるお願いをしたいなら、やはり正しく書く必要があります。
⇨ 遺言書の正しい書き方

�����7�������