cmanjp_20130919152334
秋は花粉症などのアレルギー症状が多く出る季節です。

この時期に花粉症に悩まされる方が多くいます。

秋の花粉症はどのような特徴があり、
どのような対策を講じればいいのでしょうか。

多汗症改善7日間プログラム

秋の花粉症

花粉症といえば春をイメージしますが、
秋も花粉症になります。

 

春の花粉はスギやヒノキの花粉などの樹木の花粉ですが、
秋の花粉はブタクサやヨモギなどのキク科の雑草の花粉が多いです。

 

実は今となってはスギ花粉による春の花粉症が有名ですが、
日本で最初に花粉症が確認されたのは、ブタクサ花粉症なんです。

 

 

ブタクサやヨモギなどの雑草は
道端や川沿いに生えているので意外と身近にあります。

 

ブタクサはそもそも外来種で、
繁殖力・環境適応力が強く、日本全国のあらゆる場所に分布しています。

 

ただし、スギ花粉などは数百キロ遠くまで飛散しますが、
ブタクサ花粉は数十から数百メートル程度しか飛びません。

 

それから、ブタクサ花粉は早朝から午前中に最も飛散し、
よく晴れた日は特に飛びます。

 

秋はアレルギーが発症しやすく、
果物過敏症(食物アレルギー症状・口腔アレルギー症候群)を併発することもあります。

 

秋の花粉症 時期一覧

 

こちらが各花粉の飛散時期です。

cmanjp_20130919195448

主な秋の花粉は通常、8月頃から飛び始め、
9月中にピークを迎えて10月まで続くようです。

��������GET

 

しかし、残暑が厳しく、雨がよく降っていると
つまり高温多雨だと、秋花粉の飛散のピークが遅れ、
長期化することがあります。

 

また残暑が厳しいと、スギが勘違いし、
秋にスギ花粉が飛散することもあります。

 

その場合はブタクサ花粉、スギ花粉同時に気をつけないといけません。

 

花粉症の症状と風邪の症状の違いは?

夏から秋の季節の変わり目だからと風邪をひいたかな?
と思うことがありますが、花粉症の場合があります。

 

花粉症と風邪をしっかり見極めて、
適切な対策を講じたいものですが、
どのように症状が異なるのでしょうか?

 

 

まず花粉症といえば、くしゃみと鼻水が止まらなくなるのが定番です。

 

秋にそのような症状と微熱があった場合は、
花粉症かハウズダストによるアレルギー反応であることが多いです。

 

実は秋というのは、夏に繁殖したダニの死骸や糞が
布団やじゅうたんなどに最も発生します。

 

花粉症の人はハウスダストのアレルギーも同時に出やすいです。

それによって喘息が出てしまうこともあるので注意が必要です。

 

花粉症と風邪の異なる点はこうです。

cmanjp_20130919202125
花粉症と風邪を見極める一番のポイントは、
鼻水と天候ですね。

 

水っぽい鼻水が出たり、晴れの日だけ症状が出たら、
花粉症を疑いましょう。

 

秋の花粉症対策

秋の花粉症の原因植物(ブタクサ、ヨモギなど)に近寄らないことです。
これらの植物はスギ花粉のように遠くへ飛散しないためです。

 

それから、基本ですが、

  • 室内では窓を閉め、花粉の侵入を防ぐ
  • 外出から帰ってきたら衣服を払い、花粉を落とすこと
  • 免疫力を高める(食事、睡眠を十分に取る)

他には
ペパーミントには抗アレルギー作用があるため、
ミント系のガムを噛むことで、花粉症が軽減されます。

 

市販薬も有効です。
一般的な花粉症用の市販薬は眠くなる成分が入っていますが、
こちらのような眠くならない市販薬もあります。

 

�����7�������